Welcome to my blog

でもねこだもの

READ MORE

See more details

桃李もの言わざれども下自ずから蹊(けい)を成す

Comment  0
季節が巡り気温が大きく変わってくると、ネコの居場所も変わるもの、と以前書きました。冬から初春までは毛布に包まれた温かいネコベッドやもぐり込めるベッドに入り浸っていたネコたちも、そんな「個室」を飛び出して、とんでもないところで寝始めましたw押入れの収納の上。まさかと思ってよくよく眺めてみたところ、確実に寝る態勢に。居心地いいの?(´・ω・`)シピの体の下には「食卓用ウェットシート」がありますし塩梅いい場...

READ MORE

See more details

仕事とは、他にすることがない人たちの避難所である。

Comment  0
水木しげるの名言とされています。境港ゲゲゲロードを歩くとあちこちでこの言葉がおみやげの上で踊っています。このデザインが一番多いですね。のんびりした妖怪を描いた水木しげるに相応しい、そして頑張りを強要されて息苦しさを感じる現代にもとてもマッチした言葉です。ですが、水木しげる記念館で言行録を読んでみるとちょっと事情が違う気がしました。本人は若い頃は薄給に耐えて一生懸命仕事をしたと言い、それを誇りにして...

READ MORE

See more details

やどりして 春の山辺にねたる夜は 夢のうちにも花ぞちりける

Comment  0
山口の名物グルメ、というか名物店「いろり山賊」へ行って来ました。ケンミンショーでも紹介され「そのうち行こう」とのんびり考えておりましたが、ここ広島の原住民からも「いろり山賊は若い時よく行ったよ、量がすごくてお腹いっぱいになるからね。広島の者はみんな行ったんじゃないかな」と聞き、にわか広島県民としては食べてみるべき案件と確信し。「山の中に突如として現れる」とよく表現されます。本当にその通りの立地。平...

READ MORE

See more details

上善は水の如し、水は善く万物を利して争わず

Comment  0
新年度です。色々なことが始まります。そして広島では桜が満開になりました。ところによっては桜吹雪も見かけます。いつも参拝に通う塩屋神社にも境内に見事な桜の木があります。(と、言いつつその見事な桜の木を写し忘れているという迂闊さ)神社の批評など失礼の極みではありますが、ここ塩屋神社はとても清らかな空気が漂い、いつ来ても心が落ち着きます。祭神の塩土老翁(しおつちのおじ)は海幸彦山幸彦の神話に登場し、主人...

READ MORE

See more details

果てしない大空と 広い大地のその中で

Comment  0
朝、いつもの通り宮島を眺めやると白っぽいもやに隠れていました。天気予報は晴天のはずだけど。と、この日広島を含む山陽・山陰で黄砂が観測されていました。広島でも黄砂が飛んでくるんですね(;´・ω・) 日本海側だけだと思っていました。気象庁の黄砂飛来予想図をチェックしますと東海地方の一部と関東を除く日本全国が黄砂の範囲に収まっていました;東海の一部と関東に黄砂が及ばないのは南アルプスの防壁のおかげでしょうか...